デュフォーアドバンスドテクノロジー

ヨットの性能・強度と仕上げを向上させるため、デュフォーヨットではハイテックな建造工程を
投資しました。実績のある近代的な技術は、デュフォーオーナーに楽しさと安全性を向上させる
だけでなく、環境にも優しい、建造工程となります。最先端の技術を全てのモデルの製造過程で
採用しています。

バキュームバッグ工法

デュフォーヨットはバキューム工法を採用しています。
バキュームバッグの使用で、ファイバーグラスとPVC
フォームの芯材は最小重量にて完璧な接着と強度が
達成されます。

インジェクション工法

バキュームインジェクションモールディング、或いは樹脂吸引
モールディングはデッキの積層に使用されます。
ポリエスター樹脂は雄型と雌型の間に吸引され、仕上がりと
最上の品質を持つ一体化したFRP構造体が出来上がります。
インジェクションはインナーモールドが不要で重量を軽減し、
ワンピースとする事で、デッキは完全に一体構造となり両面
共に美しい仕上がりとなります。
重量の軽減(最大で40%)は、艇体全体の重心を下げる事で
帆走性能の向上に寄与します。
この工法のおかげで、美しいキャビンルーフのラインを保ちな
がら数センチの有効なキャビン内高さも得ています。

バキュームインジェクション工法

バキュームインフージョンモールディングは、空気の吸引に
より薄布が湿潤されるが、デッキ構造強化と樹脂含有率の
最適化に使用される。

トワロンの使用

全てのデュフォーモデルは、キールエリアにトワロンで強化
されたストリンガーシステムを採用しています。
トワロンは、ケブラーと同じアラミド繊維で、防弾チョッキ等に
も採用される強度の高い素材です。
全ての構造は艇体に積層されており、ハル全体の応力を完
全に分散する事を達成しています。

デュフォータイトルページへ戻る