RACING LINE

グランソレイユヨットがヨーロッパにおけるIRCやIMSの
グランプリレースサーキットでの他を圧したチャンピオン
である事は明白な事です。
GS44raceと,40raceのIMSサーキットにおける世界選
手権・ヨーロッパ選手権・イタリア選手権などにおける大
成功をおさめた2002年のシーズン後、カンチエリデルパ
ルドはレーシング部門の拡大を決定しGS42RとGS56R
の2モデルを、スペインのBOTIN &CARKEEK設計に
よってレーシングラインを充実させる事としました。

この重要なレーシング部門への投資の決定は、これらの
レーシングヨットでの技術や経験はファーストクルーザーと
して定評のあるグランソレイユシリーズに生かされる、と信
じたからです。プロジェクトにおいては、レースレンジヨット
から得られる経験は直接的に、船型流体理論・キールとラ
ダーの形状と位置・デッキ艤装・艇体とデッキ構造の安全
性と同様にクルーワークの単純化と効率追求などに生か
されます。

一方、新しい建造技術や構造、材料をテストすることからも
大いなる成果を得ることが出来ました。海がヨットにとって
真のテストグラウンドであり、最高レベルのレースへの参戦
以上のテストグランドは無い、と言う信念に従いIRCとIMS
の国際的なサーキットへの挑戦を続ける事を決定しています。

実際、プロフェッショナルなクルーによる、極限の海象や風
域が起こりうるレース条件でレースボートが受けるストレス
を再現できるテストは、どんな研究所でも不可能な事です。

日本でも、従来の概念では考えられないボクシーな断面の
艇体、鋭く切り立ったステム、長いスターンオーバーハング、
ノンオーバーラップジブに大きなメインセールと言った、非常
に先鋭的で、速くハンディキャップ特性も優れたグランソレイ
ユレースラインの艇が各地のレースからジャパンカップまで
を席巻し続けています。

これらのレーシングラインヨットは、全てカスタムメードで建造
されます。      詳細は、お問い合わせ下さい。

GS 56 Race

GS 40 Race

GS 56 Race

GS 42 Race

GS 42 Race

戻る GSタイトルページへ